南越前町 木ノ芽峠 遠征

先日、私の調査不足で行くことができなかった木ノ芽峠に早速行ってまいりました。

今庄365スキー場

再びここに来ました。

6時前に着いたのですが、来る途中シカに3回遭遇しました。

急に飛び出してくることもあり、よくあるハプニング映像みたいに轢いてしまうところでした。シカって、思ってたよりもデカい。

怖くなったものですから、完全に夜が明けるまでスキー場を登るのを待つことにしました。

6時超えたあたりに登りました。

朝って、美しいですね。

そして

木ノ芽峠

車で途中まで、少しだけ歩いて登ります。

目的地に着いたのですが、この家の前に白黒の犬さんがいました。上の写真ではちょうど木に隠れてしまっているのですが、ずっとこちらを見て警戒しているのか動きません。

この家の番犬さんなのかな。人も住んでいるらしいですし。

リード付けてなかったものでどうしようかとおもいましたが、意を決し、近くまで行き、

その犬さんに

「ここ通りたいんだけど、通っていいですか」

と、ジェスチャー交じりで話していたら、犬さんが道の脇のほうによってくれました。

優しかったんだ・・・。

そのあともずっとおすわりしながら、じっと私の行動を見ていました。

なんか、余計なことしたら怒られそうだったもので、カメラを向けることができませんでした。

逆側

永平寺の道元さんですね。

道元さん、ここ通ったんですね。

この石碑には、道元さんがここで詠んだ歌が残っているよう。

というわけで、帰ります。

ありがとう木ノ芽峠。

ありがとう犬さん。

そして、ここに住んでおられる方。今回は朝早すぎたもので会うことはできませんでしたが、この景観を残してくださってありがとうございます。

帰ろうとしたら、家の中からもう一匹、若い真っ白な犬さんが元気よくしっぽを振って出てきました。

こちらに気が付いて少しフリーズしていましたが、また元気よく歩き始めました。

上の写真、道の先にいるのが真っ白犬さん。

手前の小さな木の枝の後ろにいるのが、見えにくいですが最初の白黒犬さん。

ありがとう。とてもいい場所でありました。

そしてこのあと、夜叉が池へ向かうのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする