鯖江市 神明村界隈⑥「白山神社」

第6回まで来てしまいました。

長々と・・・。

ではいきますかね。

 

まず最初は、西山公園から見て北東の福鉄を越えたところにあります、白山神社です。

なかなか古そうな神社です。

この辺りに白山神社に関する、
御馴染み、泰澄さんの伝承がこの辺りにあり、当時はここかと思ったんですが、どうも違う可能性が出てきまして、どう書き残せばよいのか迷うところです。

とはいっても、そんなに長いものではなく、

1.古くから女人禁制であった。
2. 古くから村の信仰をうけていた。
3. 道が険しく人の立ち入りが難しかった。

これらのことがあり、泰澄さんは喜んで白山妙理大菩薩を安置した。

というもの。

白山妙理大菩薩(白山大権現)は白山の神仏習合の神ですね。

要は、泰澄さんが直々に建てたということですな。

大正四年って書いてある。

しかし、その場所は第五回目の中道院の場所のはず。

もしかしたら、中道院のどこかにあるんでしょうか。そんなところなかったと思うんですが・・・。

もう一回ちゃんと見といたほうがいいかもしれないですね。

 

少し早いですが。次もありますし、今回はこのくらいで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする