福井市 武周が池 「人里枠」

こちらの記事は、「福井市 武周が池」の派生記事です。

先に、一度上のこちら↑の記事を見ていただけると幸いです。

 

 

では、おまけみたいな感じで、先の記事に書けなかったものを書いていきます。

 

この始めの場所、

駐車場付近に

このような石垣の段が・・・。

結構な範囲で続いているのです。 上にも横にも。

昔、ここに人が住んでいたのでしょうか。それか田畑か。

 

と思っていたら、こんなものが。

土石流で山が崩壊し、水がたまり湖に・・・。発電所に活用・・・。翌年5月末に梅雨の大雨で被害・・・。

 

何か、伝説の通りなんですが・・・。

ぞっとしてしまいました。

 

 

 

きっと、田畑として使っていたんでしょうね。

 

歩道のわきに地蔵さんが。

そういう意味としか思えなくなっています。私。

 

この水底に・・・

 

 

  

 

 

 

 

では、ここへ来るまでの集落にあった神社を紹介。

 

白山神社です。

階段やばいです。

 

この手水舎がなんとも・・・。

 

なかなか

つかれますね!

でも、雰囲気あって私は好きです。

古めかしいと言っては失礼か。

時を感じる境内。

 

こう、なんというか、もっとすごいんですよ。ここ。

写真ではやっぱりねぇ・・・。

 

 

私が下手なだけかな・・・。

 

 

 

こんな感じです。

あと、お寺もあったんですけど、この日、喪服姿の方々がおられたので、さすがに中に入れず、写真も撮れず。

さすがにね。

 

 

というわけで、人里編でした。

終わり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする