坂井市 兵庫村を散策「中編」 淵龍の池と兵庫郵便局(幸福のポスト)

それじゃいきましょうね~。

(これは、中編です。前編は↓

どうも。 今回は坂井市にある旧兵庫村を散策します。   兵庫っていうとね、やっぱり「県」の方を思い浮かべそうなところです...

 

 

 

 

 

 

 

 

見てね。)

 

 

神社の南門の正面にこんな橋が。

だいぶ昔の橋ですかね。かなり、老朽化しているよう。

 

順路はこの先、えち鉄の路線ですね。

 

で。

この下を通ろうとしたら、不気味な音が・・・。

かなり大きい、ひどく気味の悪く耳障りな変な音・・・。

線路の向こう側から・・・。

 

 

てん・・・ぐ・・?

 

勇気を振り絞って、くぐってみると、このようなものが。

ここで、音の出所が・・・この池の中ということがわかりました。

なんかいますね。

龍・・。

なんか、そういう系の多くないです?ここらへん・・・。

 

 

この池周辺って、神宮寺跡なんですね。史跡も多い・・・。

池の角には、神宮寺から?の地蔵と石が。

 

左:女鉢 右:男鉢

なんか、お祈りのためのものでしょうかね。

 

とにかく、今見た感じ何もいない。

後からまた来て、正体を暴こう。

 

 

 

 

というわけで、とりあえず順路に沿って先に進みますかね。

 

 

集落の細い道を進んでいると、木の下に人がいたので、「不審者に思われないようにしないと・・・。」と思って通り過ぎようとしたら。
なんか持ってるし、何この人・・・。

ア゛ア゛ッ !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、マジでびっくりしましたとさ。

 

 

ここ、はじめの案内板にあった。

「兵庫郵便局(幸福のポスト)」って所なんですね。

 

昔の郵便のやつ(飛脚箱っていうらしい。)持っていた理由ってそれなんですね。

てか、こんなこと言うのもあれですけど・・・。

顔怖くないですか!?

体格めっちゃリアルなのに顔だけおかしいよ!後ろから見たら間近で見ても顔見るまで本物の人間かと思いましたよ!顔だけ急にこんな感じでほんとにびっくりしたんですからね!

 

それでね。思ったんですよ。全体的には形整ってるのに一部だけ歪なものって、怖くないですか?

 

 

 

ま、まあ、これも、名所です・・・。

 

 

んで、戻ってきました。

これで、こうふくロード制覇かな。

 

 

さあ、では後編は事前に調べていた「伝説」探しと、他見つけた名所を記していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする