福井市 四つの井の四ツ井村 平岡山探し「中編」

 

  どうも、今回は少しいつもと違う感じになります。    というのも、以前「四ツ井」地区訪問記事で「四ツ井」だか「四ツ居...

 

 

 

後編です。前の記事は↓

        四ツ居村はもとは福井城のあたりだった。築城の際、今の地に移された。「四ツ居」 とは四つ...
        中編です。前編は↓ それでは、那谷観...

 

では、前回はお寺で急に終わってしまったので、お寺からです。

 

ここの平岡山には、2つ伝説を目的に来ました。

1つは、

「おかね狐」

この平岡山に住んでいたという、雌の大狐の話です。

1つは、

「弁慶橋」

弁慶さんがひきうすを使って架けた橋、という話です。

 

これらを見つけたいところですが、何か残っているでしょうか。

 

 

さて、長松寺にいるとき、ふと、横にある神社が目につきました。

この神社、岩が・・・。てか猫いますね。

 

めっちゃ警戒。目をけがしてるのかな。

神社ですね。

岩がむき出しになっています。その上にコンクリートで固められていますが、この岩は天然ものっぽくないですか?

これが、平岡山のなごり?

 

それにこの岩・・・。

なんか穴空いてるし。これ明らかに人工的な穴ですよね?

なにかを差し込んでいたのか。それとも掘削の跡か。

 

うん、わからん。

 

 

では、境内へお邪魔します。

秋葉神社。

そんなに古そうじゃないですね。昔から残っていたとしても、改築はしてるでしょうけど。

 

と、奥の方になんかありますね・・・!

なりを潜めるように。私は見逃しませんでしたよ!

 

これは・・!

なんだ?

石碑だ!! てか猫いますね。

 

さっきの猫かな。

めっちゃ睨みきかせてる。

 

 

この石碑・・・、

なんて書いてあるんだ!全然わからん。

文字が旧書体で解読できんし、笏谷石が風化して崩れ落ちてるから文字を見つけるのも大変。

でも、なにかは書いてある!

 

その斜め隣にもひとまわり小さい石碑が。

いい感じだ。

そうだろう、猫さん。

 

いやそれにしても、

蜘蛛の巣多いな!

草も多くてなかなか奥へは入れないし。冬来ればちょっとはマシだったか・・・。

 

この石碑のある場所は、すこし空間がありますね。

ドラム缶がある。祭りか何かをやるところなのでしょうか。

 

いやしかし、ここが平岡山で間違いないでしょう。

この石碑は、 なにかの跡地ということでしょうね。 自分は解読不能でしたが。冬、来れば・・・。来れるか・・・?

 

 

これ、ちょっと坂になってるんですよね。

わかるかな・・・。

写真で坂を表現するの難しいです・・・。

上の写真の横の駐車場が高くなってるんです。

 

 

しかし、伝説にまつわる「これ!」といったものは見つからないですね・・・。

 

 

「弁慶橋」を探しましょうか。

って、長くなってしまった。まずいですね。「後編」て書いちゃってるし。

 

まあ、細かいことはいいでしょう。そんなルールないし。(あるかも)

また別記事で続きやります。後編終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする