鯖江市 西光寺(さいこうじ)の蛇報恩講(じゃぼんこう) 11月17日

11月17日に鯖江市杉本にある西光寺で、「蛇報恩講(じゃぼんこう)」が行われたので、行ってきました。

なんかそこいらの観光サイトにも載っているんですね。

 

前回の、鯖江市の記事で紹介した、この関連の話があります。↓

では、にぎやかな西山公園をあとにして、裏の世界へ戻りましょう。   西山公園から少し北に行くと、 なにやら良さげ...

 

 

 

西光寺は浄土真宗本願寺派。

蛇報恩講(じゃぼんこう)は、このお寺に伝わる

伝説

です。

 

前の記事でも書きましたが、

この11月17日の報恩講の日は、蛇が参りに来るので、雨の日になると言われています。

 

 

めっちゃ快晴です。

 

あと露店が多い。そこら辺の祭りに比べて多いです・・・。

 

 

 

露店の種類も豊富。

午後二時前でかなり賑わっています。

 

 

前回撮れなかった境内。

 

せっかくなので、蛇報恩講で行うことを、お寺の手伝いの方か、どなたかにお聞きしようと思い受付の人に聞いてみたところ、蛇報恩講の伝説のことを聞きたいならと寺の人に掛け合ってくれました。

ありがたい。申し訳ない。

 

 

ただもの凄い忙しいのでちょっと待ってということでした。

電話、するべきなんだなと思いました。

 

 

しかし、14時台の報恩講が終わった後に会っていただけることになりました。

本当にありがたい。本当に申し訳ない。

 

それまで、中でいっしょに蛇報恩講聞いて座ってればいいよ。とのことで、歓喜です。

こういって良いのかわかりませんが、伝説の蛇報恩講を体験できるとは・・・!ありがたい話です。

楽器もあり、大人数でお経を読み、なかなか壮大。さすがに写真は無いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

報恩講のお経が終わり、お説教の時間。
「蛇報恩講ですがお天気も良く。」と。(一部抜粋)

時間的に3/4が終わったところでお呼び出し。お寺の人とお話ができました。しかし、今日は特に忙しいということで、そんなに詳しくはお話しできないということです。

 

しかし良いのです。直接お寺の人からお話を聞けるのですから。

 

 

 

□ お寺の人との話。

 この蛇報恩講は、結構他の有名どころ(某テレビ局)からも取材を受けているらしいですね。
 今日は天気も良く、日曜日でもあるので昼から人が多いとのこと。夜になるともっと人が増えて賑やかになるといいます。去年も天気よかったらしいですよ。
  この西光寺の蛇報恩講は、福井の中でこの規模では最古の大きな祭りだそうで、露店の数は大体40店くらいだそう。多いですね。昔は60店くらいあったそうです。ここの露店は雨が降った日でも店が少なくならないそうで、「それが蛇報恩講だ」と人も来て、売り上げも晴れの日とそんなに変わらないのだとか。

 

 それとこれが重要です。ほとんどの人が、「雨の日の報恩講=蛇報恩講」と勘違いしているらしく、 西光寺(お寺の人も含めて)自体が「雨」というイメージをつけられているのだとか。
 蛇報恩講とは、11月16日~11月18日にある報恩講の中日、11月17日に、雨の神といわれる蛇が参りに来るから、雨が降ろうが降らまいが、その11月17日が「蛇報恩講」だということです。

 

伝説についてお寺に伝わる話では、

「体の弱い乳母が、御前の面倒を見ていたが、この弱い体のままでは、その子の面倒を見きれずに死んでしまうと思い、琵琶山の麓の池に身投げして、蛇に生まれ変わり、長寿を得た。その後、池が埋められて、夜叉ヶ池に移り住み、今でも11月17日の報恩講の日は、そこから通っている。」とのことです。

越前若狭の伝説の資料では、「悟りを開くのに寿命が足りないから池に入り蛇になった。」とあり、そこが少し違いますね。

ちなみに、お寺の人曰く、「仏教では死んだら極楽浄土へ行くという教えで、生まれ変わるという考え方はしないから、あまりこちらからは公には言えない。」ともおっしゃっていました。

 

 

 

 

お忙しいところごめんなさい。

掛け合っていただいた方たちにも挨拶をしに行くと、せっかくだから記念にと「参詣記念タオル」をいただきました。ありがたいことだらけです。

外に出てみると、

 

いや、写真ではわかりませんね!?

さっきよりかなり人がふえていたんです。

 

ちなみに、この表門は国の重要文化財で、本堂(石田殿)は県の文化財です。

 

さっき自転車なんて全くなかったのに、もうこんなにある。

 

 

ちなみに、お寺の人の話では西光寺の横の道をまっすぐいくと、琵琶山付近に着くのだそうです。

 

古そうな通りです。そこから通ってたんですかね、乳母蛇さん。

 

 

 

 

 

はい、ということで西光寺11月17日蛇報恩講でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする