坂井市 「弁慶の抜け穴」を探して三国町梶の海岸線へ(越前松島) 後編

前編は↓

どうも。 今回は三国町梶(旧雄島村)にあるという「弁慶の抜け穴」を求めてやってきました。     といって...

 

 

では続きを行きましょう。

 

ここを右へ。

 

少し登ります。

もう弁慶の抜け穴なるものは、この先以外に考えられませんからね。さあ、行きましょう。

 

と、横を見ると。

??全部漢字でいまいちわからないです。

 

その先に民宿の並びです。

 

おっ!

向こうに見えるのは松島水族館のイルカショーだ。

いいですね~。

 

 

先へ進むと、岩が。

 

ん?

なんか立ってます。でも、なんも書いてない。

回り込んだら書いてありました。

なぜ、向こう側むいてるんだ。水族館から見えるように?

 

左の鳥居から。

 

松島観音堂

 

左から。

水族館の海岸線が見える。

 

お!

あります。

おお。

かなり奥の方までありますが、行こうとしたその時、岩の間からフナムシが。

私は叫び、逃げました。奴らへの耐性がないのです。

なぜなら私は海の男ではないのです・・・。

 

というわけで、手前の観音さんにだけ挨拶しました。

 

ではさっきのところまで戻って。

岩場の方へ。

進みましょ。

 

奥へ行くと。分岐のはずが。

おもしろそうなのに、この方向へは行けないとは。

 

しかし、まだいけるところがあります。進みましょう。

観音洞ですって。

 

おお。これはすごい。

ん?

 

あれは・・・?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

うん、退避。

 

一応、説明板あったよ。

 

結局、「弁慶の抜け穴」は何処。

 

あ。

うわー!

 

そんな・・・。

 

この先ってことか・・・。もう、道が海に沈んでるじゃん。

 

 

 

 

 

 

というわけで、今は行けないみたいですね。

残念です。

 

 

いや、しかし海は強いですね。自然の猛威。

弁慶の抜け穴は残念ですが、諦めましょう。

 

 

でも、せっかくなんで越前の松島を満喫していきますかね。

 

(追記

私、見直してみたらなんという勘違いをしていたことでしょう。観音洞の通りとこの後の記事に出てくる白浜、竜宮が浜の道は「弁慶の抜け穴」に通ずるものではありませんでした。弁慶の抜け穴は貴船神社からの道だったのです。通行禁止に違いはありませんが、完全なミスです。ごめんなさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする