石川県 越前、加賀と鹿島の伝説

 

さあ、今回は石川県加賀市です。

と言ってもここは、福井県と石川県の県境付近となります、

鹿島

です。

 

駐車場もあり、来やすいところです。

 

ここ鹿島にも

伝説

が残っているのです。

しかも、福井も関わってくる・・・。

 

 

 

 

伝説「鹿島」

 むかし、浜坂の湖畔でばあさんが洗濯をしていると、そこへ妙なものが流れてきた。洗濯の邪魔になるので、さおで向こうへ押した。すると押せば押すほど、妙なものは大きくなって、ついに島になった。それが鹿島(かしま)である。
 こうなるとこの島が越前のものか加賀のものか争いになり、奉行所へ訴えでた。そのとき越前側がうっかり「加賀の鹿島のことで来ました。」といったので、奉行は「加賀のものというのなら問題はない。」といって、越前側は敗訴になった。

越前若狭の伝説

 

うーん。

福井って昔からうっかり屋さんなんですね。

 

まあ、笑い話みたいな感じで伝わったのでしょう。

これが福井のイメージだったのかもしれないですね・・・。

 

ここで気になるのが、加賀の方ではどう伝わってるかなんですよね。もし機会があれば、調べに行きたいです。

 

 

 

さあ、入りますかね。

鹿島の森です。

 

おお!

カニですよ。参道の足元の草むらにわらわらとカニがたくさん。

久しぶりに見ましたよ、こういうカニ。

 

 

お?貴重生物なんですか。

普通に下にいるので踏みそうになるんですが・・・。

 

そういえば、いろんなサイトにも書いてありますが、この鹿島の森という場所は、数百年伐採されずに残ってきた原生林だそうですね。

それでこんなカニもいるんですか。

 

 

あ。

「越前加賀海岸国定公園」って・・・。

ちゃんと「越前加賀」って・・・。

「越前」を入れてくれてるんですね・・・。

 

ありがとう・・・。

 

 

 

 

なんだか、急に雰囲気が・・・。

 

 

 

 

って、

蚊が多い・・・!!

蚊?なのか?とにかく虫が引っ付いてくる!

これが原生林・・・!

 

 

 

 

 

私は、すぐにその場から駆け出し戻って、まるで犬のように体を振って虫を掃いました・・・。

 

 

 

 

 

鹿島の森には鹿島神社があるみたいなので行きたかったのですが、この調子では行けそうもありません。

虫がいない時期を狙うのがいいかもしれませんね。(虫がいない時期とは・・・?)

 

 

 

 

それでは、ここまでです。

退散。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする