福井市 アピタ・エルパ周辺の集落③「大和田神社と古い道」

さあ、新田三がの日吉神社の言い伝えを達成したので、Lpaに引き返したいのですが、田んぼ道を行っても変わり気ないのでせっかくなら集落を通っていきたいと思います。

 

大和田町という集落です。

祭りか?

大和田神社とな。

他ではあまり聞きませんよね。聞きます?

鳥居の逆側に、露店の後ろに隠されるように白山神社とあります。

こっちが本名?

・・・。なんだろう。闇を感じる・・・。

 

 

■この大和田神社、福井神社庁によると・・・

 御祭神・・・伊弉册尊(イザナミ)、猿田彦命

 福井県が石川県管下越前国であった明治初期の頃の社殿は前口奥行共に2間で境内630坪氏子71戸であって白山神社と称した。
 戦後大和田神社と改称した。

とのことです。

だから、白山神社の石標が建ってたんですか。

 

陸軍。戦後改名したことと関係ある?

 

まだ祭りやってないみたいですね。

 

祠が。

山?

「白山」ですかね。

 

神社の境内に水路が横切ってます。

 

山王神社?

また、新たな名前が。

 

?さっきの祠の「山」は「山王」の山?

 

石柱の裏には

?松平城石?

なんだそれ・・・。

この石柱が城の石ってことですかね。

 

 

亀だ!亀の手水舎とな。

いい顔してるぜ!

 

む、下になにか書いてありますね。

上海事変出征記念ですか。

戦争物が多いですねここは。

上海事変には第一次と第二次があるようで、昭和七年ということは第一次の方ですかね。

 

ていうか、またこれも「松平城石」ですよ。

松平城とはなんですか?「松平、城石」ということですかね?

でも「松平城の石」って書いてあるし。

福井城のことなんですかねぇ・・・。

 

わかんないです。

 

 

さて本殿へ。

中に灯りがついています。

なんか法輪?ぽいマークがたくさんありますね。

 

んじゃ、行きましょうかね。

 

 

祭りの準備は万端のようですね。

 

 

神社を後にして、

 

この昔な感じの道。

 

この川沿いの組まれている石全部、笏谷石ですよ。すごいな・・・。

 

 

昔の町なんですかね。

 

昔ながらの酒造所かな。

なんかすごい自販機ある。

瓶ビール売ってるよ。

 

この門の敷地内は荒れていて、何もないです。

 

ただ、立派な橋と門、壁があり、その基礎は笏谷石で積まれていました。

よほどの繁栄した場所だったんでしょうね。

 

Lpaのある市街地から、さほど離れていないのにこんなに歴史の感じる場所があるんですね。

 

 

さて、本当にそろそろ戻りましょうかね。

 

 

 

 

ちょっと行けばすぐに現代の雰囲気に・・・

もうすぐそこLpaですよ。

 

さてと、ここを通ればLpaですね。

と、横を見ると。

こんなところに堂々と幕張ってありました。

 

 

さて、いくぜ。

いや~、戻ってきました。

 

 

 

はい、というわけでアピタ・エルパ周辺集落の探索終了です。

昔からある集落群なので、歴史のある神社や建造物が多かったです。それが福井県の人の集まるLpaの目と鼻の先にあるというのも、おもしろいですね。

 

 

はい、では記録終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする