勝山市 平泉寺白山神社 「周辺の史跡、伝説編」弁慶、東尋坊など

前↓

前↓   前回、参拝を終えて参道を下っている途中、「南谷発掘調査地」の文字を見つけて、誘い込まれるように向かってい...

 

では、平泉寺境内も一通り回りましたので、今回の記事は周辺の史跡や伝説を探して回ろうかと思います。

場所はバラバラですが、勘弁してください。

 


0.まず初めに。

私が来た道は菩提林からでしたが、上の方にも駐車場があります。

この土産屋のあるところ。

 

その駐車場にこんなものが

平泉寺地区の名所案内板です。

集落の史跡を探しに行くならまずこれを見に行ってからにした方がいいかもしれませんね。

 

今回、全部は行きません。(行けません。時間的に。)

 

ちなみにこの駐車場にはほかにも、

平泉寺白山神社の説明も。

普通はここから行くんでしょうね。

 

駐車場の奥にはこの方たちもいました。

 

チャマゴンとチャマリン。

 

最近見ないと思っていたら、こんなところで化石になっていたとは・・・。

まあ、というのもデザインが変わったらしいんですよね。だから最近この顔見なかったんだ・・・。

 

 

そういえば、菩提林編で写っていた資料館、入館無料なんですね。

「参拝前にお立ち寄り下さい」

だそうです。

 


1.弁慶の足跡

 

伝説「弁慶」

 弁慶があるとき、勝山の平泉寺の鐘を鳴らし、鐘の音が鳴りやむまでに何里走れるか試してみた。弁慶は鳴鹿まで走ってたちどまり耳をすますと音が聞こえた。
 平泉寺の白山神社へ行く山道の中程に弁慶の足跡がある。これを踏むと走るのが早くなるという。

越前若狭の伝説

 

実際に境内には弁慶の足跡なるものがあります。

私の見た感じ周りに案内はありませんでした。たまたま興味本位で立ち入ったところにあったので、下手したら見つけられなかったかも・・・。

 

弁慶の足跡があるのはこの「泰澄大師廟」敷地内。

 

廟の前にあります。

 

 

しっかりと足の形になっていました。

 

踏んでいいかどうかはわかりません。私はやめときました。遺産ですからね。

 

こればかりは、ここの案内の人に聞くしかないでしょう。

伝説の有無も聞いた方がいいかもね。伝説ってそういうもんですから。

 


2.東尋坊跡

おそらく皆さんご存じの東尋坊

 

そうとうな悪僧だったそうで、恨みをかって三国の東尋坊に突き落とされて殺されたそう。そのときここの東尋坊の井戸が血で赤く染まったそう。

 

 

変なの写ってないよね・・・?

井戸ってなんか怖いよね・・・。


3.北谷六地蔵

大将3年に北中尾の墓地が向三昧に統合されたとき、この地に移された。そう。

 


4.鳥吠小路

駐車場の横にある土産屋の横にあります。

義経が頼朝に追われている中、観音堂に宿を取っていた時、一番鶏が鳴いて義経一行を助けた。らしいです。

こういう標柱には横に説明が書いてあります。

写真じゃわかりにくいから、行ったときに自分の目で確かめてください。(駐車場の看板にも書いてあるやつもあります。)

 


5.蓮如上人腰掛石

西念寺さん門前にあります。

 

標柱はあるのですが、駐車場の看板には書いていませんでした。

こういうあのマップに載っていないのもあるので探してみるのもいいのでは。

 


6.小豆かしき

昔掛けてあった石橋の下に流れる水の音がシャリシャリと小豆をかしく音に聞こえたという。そうです。

こちらも駐車場の看板には載ってなかったですね。

 


7.南大門跡

中世平泉寺の仏教伽藍の正面に建っていた門。だそうです。

普通に集落の中にありましたけど。

 


8.辻観音堂

いろんなところで案内が見られた観音堂。やっと来れました。

 

この前の扉の中には入れます。

 

そこに縁起が書いてあります。

 


9.千日坂

 


10.構口門跡

 


11.むじな道

 


ここからは史跡というか、良いと思った場所の紹介です。

 

めっちゃでかい狛犬。

 

旅館。

 

景観によせた郵便局。

 

写真ではわかりにくいけど、すごい坂道の集落。

 


 

 

という感じです。

私はたまたま通りかかったところにあったものだけを紹介しましたが、看板にあった通りまだまだあります。看板に書いてないものもたくさんあるでしょう。

 

 

載せられなかった分含めて、自分の目で楽しんで来てください。

 

 

 

ではこれにて「平泉寺白山神社に詣でる」。記録終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする