福井市 一乗谷村、鹿俣散策「村歩き、神社仏閣や伝説など」

 

前↓

  前回↓   安波賀町の集落に入ってきました。   通常なら左の大通り...

前回の安波賀町から一乗谷朝倉遺跡を通り過ぎてここまで来ました。

 

一乗小学校前です。

さっきの看板によると左に行けば一乗谷ですが、私はごーすとれーとします。

そのさきに、今回の目的地の鹿俣集落があるはずなのです。

 

 

とりあえず行きましょう。

 

 

これは、つまり佐々木小次郎に関係する道場?

 

今回は先を急ぎますね。

小次郎ファンは気になるかも。

 

 

西新町の集落を抜けると。

 

鹿俣の谷の入り口に着きます。

なにやら看板がありますね。

 

朝倉街道と鼻欠け地蔵についての説明でした。

この「鼻欠け地蔵」も今回の目的の一つなのです。

 

鼻欠け地蔵について説明板によると・・・。

「この付近から出土した石仏を一箇所に集められた鼻欠地蔵と伝えられるお堂です。」

だそうです。

 

一方、伝説では・・・。

伝説「鼻欠け地蔵」

 むかし、妖怪が山からでて人を悩ませたので、この地蔵をたてた。

越前若狭の伝説

 

んー。内容が違いますね。

まあ、多少は違うものですよ。

 

とりあえず、見に行きましょう。

獣除けの電線が怖い。

 

川に架かる橋が怖い。

 

これが鼻欠け地蔵

むぅ。

鼻があったりなかったり。

 

ご挨拶。

 

 

では、鹿俣集落へ参りましょう。

 

私が今回、この鹿俣を目指したのには理由があるのです。(まあ、理由ないと何処も行きませんけど・・・。)

というのも鹿俣には少し興味深い伝説があったのです。(このブログでは伝説の意味に、史実的な要素も含んで記述しています。詳しくはブログについての特記事項にて。)

 

伝説「郷三昧」

 ここは朝倉時代、九里四方から来て死人を葬った場所。今も耕作の時、白骨が出ることがある。

福井縣の傳説

 

 鹿俣、慶楽に郷三昧と呼んでいる場所がある。朝倉時代三里四方から死人を葬った所といわれ、今の畑の耕作の時、白骨や墓石の破片が出て来ると言われている。
 又安波賀武者野の地続きに三昧谷と称へられている谷があって入口は朝倉当時の三昧であったと伝えられて現今も谷川から白骨が現れたり、付近から石仏が発見されたりする。

一乗谷朝倉史跡・伝説

 

ま、まあ、この「福井縣の傳説(著。河合千秋、郷土研究部)」は昭和11年発刊ですから、現在はもう人骨が出ることはないのではないかな・・・。(現地の人にも聞きにくいしね・・・。)

間違えても探しに行かないように。

 

 

ちなみに「三昧」っていうのは、墓場を意味しています。

まあ、昔の庶民はそれが普通だったでしょうし、この鹿俣に限らず、そういった墓場だった地域や「~三昧」ってつく場所はいろんなところにありますからね。

 

 

なにか名残や説明などは無いかなと思いまして、探します。あと、さっき「鼻欠け地蔵」がありましたが、その他にも伝説があるんでの。

 

別の地蔵さん。

 

さあ、集落入り口です。

 

集落内に「八幡神社」と「最勝寺」があるはずなので探します。

きれいな沢。

 

ありました。

 

伝説「八幡神社」

 養老二年(718)生江(いくえ)の長者常世(世常の誤りか。)の宿祢(すくね)の創立である。朝倉時代には蛇間谷という所に祭ってあった。朝倉義景が馬に乗ってがけ下を通ったとき、目がくらみ、馬も前足をまげて、通ることができなかった。村の人もこやしをかついでこの前を通ることができなかったので、村人は相談して、堂を最勝寺に移した。明治になってから今の所へ建てた。

越前若狭の伝説

 

福井神社庁の方にも同じようなことが記載してあるので、間違いないかと。

 

うん・・・。結構荒々しい神様なのですね。気を引き締めなければ・・・。

 

どうも。

 

参拝。

あれ、ちっちゃい狛犬さんが4体。

山の中にたたずむ姿、集落を見渡す神社、この村の神様なのだという威厳です。

 

 

では、村の神様にお参りしたので、集落を散策。

 

山の奥は、部外者立入禁止なのですね。

 

いろんな花が咲いていて色とりどりです。

 

山側になにやら草に埋もれた石垣が、結構しっかりしているようです。

 

と思ったら、お寺なのかなここ。

 

何やら立派な・・・、「宝篋印塔(ほうきょういんとう) 」ってやつかな?

 

この説明板、「最勝寺」と書いてありますね。

この最勝寺も「越前若狭の伝説」に少し載っていました。

文明のころ(1480ごろ)理慧上人が朝倉氏景の帰依によってこの寺を建てたそう。六条で阿弥陀様と出会ったらしいですよ。

 

その「阿弥陀仏如来像」の説明のようですが、どこにあるのでしょう。説明だけがここにあります。

奥にあるのは別のお寺のかな?

 

 

なんかこの宝篋印塔に蜂の巣があるよ・・・。なんかハチ多いですね。羽震わせてるし近づかない方がいいネ。

 

なにも書いていないですが、

このお堂が最勝寺らしいです。阿弥陀仏もこの中かな?

奥が別のお寺だね。

 

 

 

じゃあ、いこか。

いい日本の集落だよ。

 

ちゃんと公園もあるよ。

結構広いね。

子どもがいても暮らせる村だね。

 

 

というわけで、鹿俣でした。

朝倉の近くにある村なだけに歴史も古そうで伝説も多く残る、またそこまで古臭い雰囲気もなく、時代にも遅れていない良い集落ですね。

 

 

 

 

 

 

これで終わろうと思ったけど、

せっかくだから、ちょっくら一乗滝にも行ってきますか。

  じゃあ、一乗滝に行ってきます。     こわいよ・・・。     ...

 

次の投稿で少しだけね。

今回は終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする