福井市 一乗滝と謎の列車

 

  前↓ 前回の安波賀町から一乗谷朝倉遺跡を通り過ぎてここまで来ました。   一乗小学校前です...

じゃあ、一乗滝に行ってきます。

 

 

こわいよ・・・。

 

 

浄教寺です。

昔、このあたりは「浄教寺」っていう凄くでかいお寺があったらしく、その名前が残ってるんだそう。

 

一乗滝もこの浄教寺にあるのですが、かの有名な佐々木小次郎もこの浄教寺の生まれだという説があります。

他にも浄教寺は有名な力士を多く生み出した土地でもあるそうで、北国兵太夫という1810年ごろの有名な力士の故郷でもあるそうです。

 

 

 

そんなこんなで滝への山の道に差し掛かると。

なんか現れたのだ。

 

ちょっと気になるので行きたいな・・・。

 

入っていいらしいので行きます。(ただ何が起きても自己責任らしい)

これは・・・、列車・・・?

 

ですよね?

なぜこんなところに?

 

なんか供えられてるし・・・。

 

現地にも何もない、調べても何も書いていないですね。

 

車輪はない、代わりにコンクリートブロックで支えられています。

どうもこれは、ただの倉庫のような気がしてきました。森林組合の倉庫か、この辺りの掃除か何かの物置か。

いや、わかりませんぜ?

謎の列車です。

 

 

 

では滝へ、

佐々木さんがお出迎えです。

 

いいですねぇ。

夏だったのでオアシスでした。

 

先ほど言っていた、北国兵太夫の名前が載っている説明板がありました。(写真撮ってないけど・・・)

 

 

 

 

はい、こんなところですね。

では、ここで「一乗谷村編」記録終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする