勝山市 旧荒土村北新在家の伝説「てんぐ松」

荒土村の北新在家です。

この北新在家集落の北に、集落とは孤立して村の神社が鎮座しています。

 

少名比古那神社。

福井神社庁の方では少彦古那神社となっている。

 

この少名比古那神社には、北新在家集落で伝わる、ある伝説があるのです。

 

伝説「てんぐ松」

 むかしこの村のおばあさんが、てんぐにだまされて姿を消した。村人全部あちこちにわかれて一晩中さがしたが見つからず、あくる朝隣り村の火葬場にいる所を発見された。おばあさんは、きれいな御殿に住んでいたと話していた。
 この村のお宮には、三年前まで変わった形の松があり、てんぐ松といわれていた。村人はこわがって夜は近づく人もいなかった。雨の降る夜はお宮の方からドーンドーンという低い音はきこえる。いまの高校生もこの音を聞いたことがあるという。村人は、てんぐさんがさみしがって太鼓をたたいているのだといっている。今ではこの松も枯れて、てんぐの話をするものもだんだんなくなってきた。

越前若狭の伝説

 

「村のお宮」といっても、少名比古那神社の名前が出ていなかったので、「現地で聞き込みするしかないな。」と思っていったら、

まさにそれがでありました。

このてんぐ松は今でも現地の人々にはしっかり伝わっているのでした。

 

村のお宮さんというのは、まさに少名比古那神社のことであり、天狗さんの話もこの神社に生えていた松の木についてのことでした。

一軒の御三方に親切に教えていただきました。ありがたいです。


そのてんぐ松鳥居の横にあったという。

 

「小さい頃は、天狗さんにさらわれるから、お宮さんには近づくな」と言われていたそう。

 

「最近になって、その松が切られてしまって、天狗さんもどこかへ行ってしまった。」とおっしゃっていた。

 

鳥居の周りには、現在木はないです。

ただ、正面むかって左側に切り株跡らしきものがあります。それが松の木かはわかりませんが・・・。

 

社標は「少名比古那神社」となっています

 

境内は巨木たちがたくさん。ただ、松の木はありませんでした。

銀杏が大量に落ちていたので、「くっさ」ってなりました。(まあ、季節的な問題。)

 


 

昔からの言い伝えのある存在が無くなってしまうのは、物悲しい気もします。せめて、後世に残すための石標か何か痕跡を・・・。

 

それでは、以上が旧荒土村北新在家の伝説「てんぐ松」の記録でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする